避妊薬として有名なトリキュラーですが、避妊だけではなく、ニキビ治療にも使用されている事はご存じでしょうか?意外と知られていないそのトリキュラーについて知ってみませんか?

ニキビを気にする女性

子宮筋腫予防に避妊用トリキュラー

「トリキュラー」は、低用量ピルの一つです。ピルは一般的に、妊娠を防ぐための避妊目的として、服用されるお薬として有名です。
トリキュラーなど低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つの女性ホルモンが含まれており、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑える作用があります。
低用ピルの避妊効果は、ほぼ100パーセントで、昔とは異なり非常に安全な薬です。
また、トリキュラーの服用効果は、避妊効果だけではありません。月経不順や月経困難症、月経前症候群などの改善、にきびや肌荒れの予防、卵巣がんや子宮体がんの減少、子宮筋腫や子宮内膜症の予防にも効果があります。
子宮筋腫は、子宮の筋肉にできる両性の腫瘍で、婦人科中でも多く見られる病気の一つです。女性ホルモンにより大きくなることが分かっており、生理を繰り返すことにより徐々に大きくなります。逆に閉経後は自然に小さくなります。症状は、月経量が多くなり、月経痛も伴います。下腹部の違和感や圧迫により頻尿になったり、腰痛も起こる場合があります。
低用量ピルによって、排卵を抑制することにより、月経良を減らすことで、月経痛などの症状を抑えることが可能となります。
ピルは28日をクールとして服用するので、生理周期も整います。また、大切な行事や旅行などと生理が重なって欲しくない場合など、自分の都合に合わせて、生理を遅らせるなどずらすことも可能です。
低用量ピルのトリキュラーなどの服用を希望される方は、婦人科などの専門医療機関で処方が可能です。避妊目的以外のことで、婦人科系の症状に悩んでおられる方や婦人科疾患の予防を考えておられる方は、ぜひ一度、医療機関に相談されてみてください。