避妊薬として有名なトリキュラーですが、避妊だけではなく、ニキビ治療にも使用されている事はご存じでしょうか?意外と知られていないそのトリキュラーについて知ってみませんか?

ニキビを気にする女性

トリキュラー服用でも計算外の妊娠した場合

トリキュラーはドイツのバイエル薬品から発売されている低用量ピルであり、日本でも最も多く販売されているピルでもあります。

通販などでも気軽に購入できるので、婦人科で検査を受けずに服用することも可能です。
しかし、初めてピルを服用する場合にはしっかりと婦人科で指導を受けてから服用し、慣れてきたらいつでも購入できるトリキュラーなどを服用するほうが望ましいでしょう。

ピルは継続的に飲むことで避妊効果を得るものですが、トリキュラーを服用していても突然妊娠することは考えられます。

最も多い理由は、飲み忘れによる失敗です。

トリキュラーのようなピルは、21錠と28錠のシートでできているものがあり、28錠タイプのものは、本来は飲まなくてもよい期間である生理期間の7日間も、薬の効果が含まれていない錠剤を飲むことで飲み忘れを防ぐ効果があります。

しかし、生理周期は28日ですがカレンダーは30日や31日もある月が含まれているため、飲むタイミングが狂ってしまっていることに気づかないで飲んでいる可能性もあります。

また、慣れてきたからと21錠タイプに変えることで飲み忘れてしまい、思いがけない時に妊娠することも稀にあるのです。

そのため、何か異変を感じたり飲み忘れてわからなくなってしまった場合は一人で悩まずに婦人科に相談することをおすすめします。

もし本当に妊娠している場合にはその悩んでいる期間にもおなかで赤ちゃんが育っているということなので、妊娠を回避したいのであれば早めに対処するようにしましょう。

このように、トリキュラーのような低用量ピルを飲んでいても、100%妊娠しないわけではないということを踏まえておくことが失敗を繰り返さないための防御線になるので注意しましょう。