トリキュラーでニキビ治療

避妊薬として有名なトリキュラーですが、避妊だけではなく、ニキビ治療にも使用されている事はご存じでしょうか?意外と知られていないそのトリキュラーについて知ってみませんか?

ニキビを気にする女性

肌荒れにもトリキュラーが効く?

トリキュラーなどの低用量ピルには、肌のトラブルを改善する働きも期待できます。代表例はニキビです。ニキビの大きな原因の一つに、毛穴が皮脂詰まりが挙げられます。皮脂は天然の保湿成分としてなくてはならないものですが、過剰に分泌されると毛穴づまりの原因になります。毛穴が詰まると、嫌気性であるアクネ菌が皮脂を栄養源として繁殖し炎症を起こすため、ニキビが悪化してしまいます。皮脂の分泌量が増える多くの原因は男性ホルモンにあります。ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの働きが活発になると、ニキビができやすくなると言われています。低用量ピルを服用すると、男性ホルモンと結合することで動けなくするたんぱく質が血液中に増えます。この効果で男性ホルモンの働きを抑えることができるため、皮脂が過剰に分泌される状況を防ぐことができます。また、トリキュラーの主な成分であるエストロゲンには皮脂が詰まるのを阻止する作用があるため、ニキビそのものができるのを防ぐことも出来ます。また、トリキュラーがホルモンバランスそのものを整えてくれるため、ニキビができにくくなるという側面もあります。
ニキビの他にも、低用量ピルで肌のトラブルが改善されることがあります。女性ホルモンのエストロゲンには肌の潤いを保つ働きがあるため、服用を続けることで肌にハリや艶、弾力を感じることが多くなる人もいます。また、オイリー肌が改善する例もあります。これは男性ホルモンが優位になることで皮脂分泌が過剰になっている状態が、ホルモンバランスが整うことで改善されるからです。
これら嬉しい効果が期待できますが、薬が自分に合わず逆に肌が荒れてしまう例もあります。そのときは医師に相談し、薬の種類を変えてもらうのが良いでしょう。

トリキュラーとマーベロンの違い

低用量ピルは、妊娠を防ぐための避妊目的として使用する薬として、有名で知られています。
ひと昔前までは、日本ではあまり普及しておりませんでしたが、最近では認知度が高まり、危険度の低さも理解され始めたために、服用する女性が増えてきました。
また、避妊目的のみならず、月経困難症や月経不順、子宮内膜症、卵巣がんの予防、ニキビなどの肌荒れなど婦人科系の疾患の治療にたいしてもピルを使用します。
低用量ピルの服用方法は、1日1回ホルモン成分の含まれたピルを21日間服用して、その後7日間は服用せず、あわせた28日間を1クールとして計算して、ずっと継続服用します。
ピルには、よく使用されるトリキュラーやマーベロンなど、そのほか様々な種類があり、その方に合わせたピルを服用します。初めて低用量ピルを服用する倍は、一番安全性の高いトリキュラーを使用することが多いです。
よく使用される上記二つのピルの違いですが、トリキュラーは第2世代3相性の低用量ピルで、マーベロンは第3世代1相性の低用量ピルです。トリキュラーはホルモンの成分量が3段階に分かれており、徐々にホルモン量fが増加するので、本来の女性の体のサイクルにもっと似ている状態に持っていくピルです。従って、安全性が高くて、初心者に一番よく使用される理由です。
一方、マーベロンは、すべての日数分が同じホルモン量が含まれています。こちらは、服用を始めた時期に吐き気や不正出血などの副作用がトリキュラーよりも多怒りやすい性質があるので、注意が必要です。
低用量ピルは、婦人科などの専門医療機関で処方してもらうことが可能なので、服用希望する方は、ぜひ一度医療機関で相談してみてください。

トリキュラーで生理周期安定

低用量ピル「トリキュラー」は、正しく服用すれば、高い避妊効果が得られる経口避妊薬です。低用量ピルは、含まれている卵胞ホルモンと黄体ホルモンの種類や量によって、いくつかの種類に分類されますが、トリキュラーは3相性ピルと呼ばれるタイプです。第2相では卵胞ホルモン剤の量を増やし、第3相では黄体ホルモン剤の量を増やすことで、自然なホルモンバランスに近づけています。このため、子宮内膜が安定し、不正出血が少ないのが特徴です。
トリキュラーは、前述のようにホルモンの含有量を変化させているため、薬を飲む順番に注意します。シートには、飲む順番が記された数字が書かれていますので、数字の順に飲みます。毎日1錠ずつ、同じ時間に飲む必要があるため、携帯のアラームをセットするなど、飲み忘れのないように工夫します。
トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあります。21錠タイプは、21日間連続で飲み続けたら、7日間薬を休んでから次のシートを飲み始めます。28錠タイプは、最後の7日間の薬が成分の入っていない偽薬になります。シートの最初から最後まで飲んだら、続けて次のシートに移りますので、休薬期間終了後の飲み忘れを防ぐことができます。
休薬期間に、消退出血と呼ばれる生理が来るので、生理周期を安定させることができます。また、子宮内膜が薄く保たれるため、生理の出血量が少なくなり、生理痛も改善できます。
トリキュラーは、水だけでなく、お茶やジュースで飲んでも大丈夫です。ただし、グレープフルーツはピルの効き目を強くする作用があり、頭痛など副作用がある場合には、その症状も強くなる可能性があります。そのため、グレープフルーツジュースで飲むことは避けましょう

■トリキュラーを飲んでいない方にお勧め
アイピル服用前に注意事項のチェック
■日本では最もポピュラーな低用量ピル
トリキュラー 通販